2009年07月21日

Bachのスライドの年代による違い

先日WAVEの鷹松さんにお会いしたときに

Bachのスライドの年代による違い

について教えていただきました。

R0010730.jpg

R00107321.jpg

上の方が年代が古く下が新しいものなんですが違いがわかるかな?

実は年代の古い楽器のスライドはツーピースなんだそうです。ちなみに坊主頭は全然知りませんでした。確かに新しいBachを使っている人の楽器を見てみるとみんなワンピースでした。

ひとつ物知りになりました(^^ゞ
【トロンボーンの最新記事】
posted by 坊主頭 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | トロンボーン
この記事へのコメント
こんにちは。坊主頭さん
そうだったんですか?私、36Bで同じ物を持っています。以前お世話なっていた先生から購入した楽器なんですが、良い音しますよ!これからも大事にします。
Posted by 利幸 at 2009年08月04日 11:22
>利幸様

バス吹きの坊主頭ですが,先日久しぶりに36CGのデカベルをアンサンブルに持ち込んで吹いてきました。80年代の円安時代に購入した思い入れのある楽器なのですが,今吹いても良い音がします(^^ゞ

すっかりコメントが遅くなって申し訳ございません。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 坊主頭 at 2009年11月09日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30718187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック