2007年05月05日

乱立するトロンボーン(某フェア会場にて)

嫁さんとSさん,Kさんとで行ってきました。

開始時間の13時前にお店に入って準備が整うのを待っていたのですが,スタッフの方の「用意できました」の声とともに会場である地下1階に行くとフロアには所狭しとトロンボーンが乱立。人出も多かったのでどこかで1台くらい倒すやつがいるんじゃないかと思っちゃいました。数のわりには品揃えはメーカーに偏りがあるという印象で特にバストロはK&Hが殆ど・・・。ドイツ管はレッチェとクロマトがありました。ちなみにBachは16が1本とニューヨークバックの16のゴールドプレートが1本の合計2本のみ。今や探すのは至難の業ですね。

バストロは殆ど吹いたけど特に「これだ!」という印象に残るのはなかったので残念。唯一気になったのは中古のOldsのP24(だったと思う)という楽器。インラインのダブルローターだけどラベルにはテナーバスという表記。そういえばベルが小さい。例によって昔のOldsの赤ベル&ニッケルという組み合わせなんですが,これが一番よくって何度も試奏しちゃいました。中古の楽器だけどお値段を見てちょっと二の足踏んじゃいました。もう10万くらい安くないと・・・。

結局,周りがガンガン吹きまくるもんだから疲れちゃって40分くらいでお店を後にしました。最初から楽器が置いてある状態で自由に試奏できるのはいいんですが,あの環境で購入というのは難しい。じっくりと吹き比べて選ぶというのは無理だから。でも普段あれだけの種類の楽器を吹くことはできないから良い機会ではあったと思います。見せに行く前に裏であったスタッフの方が「まあ,お祭りですから」といった言葉の意味がよくわかったような気がします。

ところで・・・売約済みの札の付いた楽器もそのまま展示されていて吹きまくられていたけどいいのかな?あと,壁に背をくっつけて吹いている人。結構ぶつけて・・・・。

この特別企画は明日までやっていますので気になる方はいかがでしょう。
【トロンボーンの最新記事】
posted by 坊主頭 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3904175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック