2006年07月15日

ヘルメットの消費期限

使っているヘルメットの内装がだいぶ痛んできたので,交換しようかと思いメーカーのHPを見ていたところ,このようなことが書いてありました。

「SGマーク(製品安全協会の被害者救済制度)の有効期限(ヘルメット着用開始から 3年)を目安に、お買い替えをお勧めしています。しかし、観賞・保存用としてであれば、内装交換をお受けします。弊社担当者とご相談いただき、修理の可否をご確認の上、修理期間・費用・その他条件に関してご納得いただけた場合に限り修理を承ります。ご相談に関しましては、メールでお問い合わせください。」

3年・・・?坊主頭のヘルメット,もう10年近く使っているぞ。ということは,すでに消費期限切れということなのか〜?HPの中を確認しても内装パーツがないようなので,やっぱりもう消費期限切れの様子。一応メーカーに聞いてみたところ,やはり保守パーツはほとんど廃盤とのこと。イヤーカップ部のみ新しいモデルとの互換性があって替えられるらしいんですが,シールドもパーツを交換しなければ交換できないようです。命を守るヘルメットですから,ケチらないようにしなければいけませんね。

思い出したように,さらに古いヘルメットを袋から久しぶりに取り出してみたところ内装がボロボロになっていました。すでに内装交換,シールド交換も部品がなくて不可能です。実用品ではなくなってしまったことから処分することにしました。処分することにしたヘルメットは北海道ツーリングや九州ツーリングに行ったときに使っていたもので思い出深いものだったんですが,飾っておくスペースはないし天寿を全うしていただきました。いままでありがとう・・・・。
【単車の最新記事】
posted by 坊主頭 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 単車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/971022
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック